初心者のためのカジノ情報! 〜ルール、攻略法、ラスベガス〜

カジノゲームルール|ブラックジャック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックジャックのルールは、あまり多くの説明は、

必要はないかもしれませんね!

 

 

 

トランプを使ったシンプルなゲーム、”ブラックジャック” は、

カジノ初心者にとって、最初にやっておきたいゲームです。

 

 

 

ルールがシンプルであることや、トランプを使うことから、

日本でも多くの方がそのルールを知っており、

また、実際に遊んだことがあるゲームではないでしょうか?

 

 

 

ブラックジャックのルールを一言で言うと、

「数字を組み合わせて、21を超えない範囲で、もっとも21に近い方が勝ち」

といったルールです。

 

 

 

ブラックジャックでは、参加者(プレイヤー)が複数いたとしても、

常に親(ディーラー)との勝負となるという点も、わかりやすくて良いですね。

 

 

 

数字の組み合わせのルールとしては、

”2〜10” までのカードは、”そのままの数字” として数え、

”J・Q・K” の3枚は、それぞれ、”10” と数えます。

 

 

 

そして、”A” はちょっと特殊で、

11として手札を計算しても、21を超えない場合は11とし、

21を超えてしまう場合は、1と数えるのです。

(要するに、”1 or 11” です)

 

 

 

そして、『A』と、『10/J/Q/k』 の組み合わせで21を作った場合、

”ブラックジャック” といって、

その他の組み合わせで作った21よりも強くなるのです。

(払い戻しは、2.5倍となります)

 

 

 

ゲームの流れは...

 

 

 

 

>>>>>>>>>>

 

・ディーラーの手札を2枚配りが、1枚を表向きにする

 

・プレイヤーに2枚ずつカードを配る

 

・プレイヤーは、もう1枚カードを追加する場合はヒット、

そのままで良い場合はスタンド

 

・ディーラー以外の全員の行動が終了した後、親も同様にヒットかスタンドかを

 (ディーラーは、16以下ヒット、17以上スタンドの、強制ルール)

 

・最後にカードをオープンにする

 

>>>>>>>>>>

 

 

 

 

ブラックジャックは、このようなルールになっています。

 

 

 

ディーラーのカードが21を超えて(バスト)しまった場合、

プレイヤー全員が勝利となりますが、

逆にプレイヤーが21を超えてしまった場合も、

その時点で負けが確定します。

 

 

 

※ プレイヤーが先にカードをオープンしますので、

プレイーヤーがバストすると、その時点で負けが確定します。

(このとき、ディーラーは、2枚しかカードを持っていません)

 

 

 

なお、ディーラーについては、前述の強制ルールや、

プレイヤー限定の特別ルールがあるため、

ブラックジャックは、プレイヤーにとって有利なゲームと言われています。

 

 

 

・スプリット;同じカードが2枚くれば、2ハンドに分けて勝負できる

・ブラックジャック:払い戻し2.5倍

・ダブルダウン:始めのターンで、ヒット数を1回に限定する代わり、賭け額を倍にできる